FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2019-11-16 (Sat)
こんばんは!


我家にある”柚”の木は、植えてから10年間、1度も花も咲かず、実も付けたことがありませんでした。

昨年の台風で木が倒れ、根が半分見えたまま、斜めになってしまいました。

まっすぐにならなかったので、斜めのまま何とか、土をかけて踏み固めておいたのですが・・・

何と今年、小さな実を初めて付けたんです

それもたくさん!!

斜めになってしまったことで、柚なりに生命の危機を感じて、子孫を残そうとでもしたのでしょうか・・・

柚は、懐石料理にも、色々使えるのでとっても嬉しいです

   実を付けてくれてありがとう♡



先週、春日井市茶道教室で、炉開きをしました

 初めて実を付けた我家の”柚”も うっすらと色付いてきて

ちょうど、炉を開く季節になりましたね

  PhotoGrid_1573132699343.jpg

半年ぶりの炉のお稽古。

お道具の置き場所は少し違いますが基本は変わらないので、

さらさらとお点前をされていました。

みなさんお茶も、表千家流に綺麗に点ててくださいました。

  20191115_210436.jpg

この日のお菓子は、井藤菓舗の ”亥の子餅”

写真ではわかりづらいですが、ごまを混ぜて作られたこのお餅は、

猪の子供、うりぼうをかたどった物だそうです。


宮中では、旧暦の 亥の月の亥の日に 亥の子餅を食べてその冬の無病息災を祈る習慣があったそうです。

ことしの亥の月、最初の亥の日は、11月10日でしたね。

また、この日に、こたつを出したり、囲炉裏に火を入れたりすると

火災から逃げられるといわれていたことから、炉を開いたりしていたそうです。

その名残で、今でも炉開きの時には、亥の子餅をいただくのですね。



  



スポンサーサイト



* Category : 春日井茶道教室
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |