FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-05-15 (Sun)
今日は、小学1年生から始めた、11年目の高校生の生徒さんと

小学4年、6年生から茶道教室に通い始めて、13年目の大学生

社会人のおねいさんたちのお稽古日

初風炉のしつらいで、薄茶の運び点前のお稽古をしました

最初に私から、質問タイム!!

「今日のお部屋の中で、今までとちがっているところはどこでしょう?」

「炉から風炉に代わってる!!」の一声

この答えは、早かった!

「まだあるよ!」と言うと

みんな、部屋の中を見回して

「え~ 何?」 「わかんない!・・・」


ちょっと難しいけど、

「床の間にある香合が陶器でなく、漆器になっていることだよ!

炉の時期は、練香を使い、風炉の時期には香木を使うから、

それを入れる香合も変わってくるんだよ!

今日は、このことを覚えて帰ってね!」

と、確認をしながら学んでもらいます。

  皐月のお稽古



その後は、準備から、お点前まで

ほぼ 自分たちだけでできるまで、成長してくれました

頼もしいですね

10分の正座ができなくて もぞもぞもぞもぞしていた時が

嘘のように しっかりとしてくれています

そんな 子供たちの成長を見ると

本当にうれしい限りです

継続は力ですね

10年以上通ってくれているのは、「茶道が大好き」と

いうこともあると思いますが

やはり、一緒にお稽古をしている仲間が

いい関係でつながっていることが大きいと思います。

お稽古が終わっても、ずっと会話が止まらず

和気あいあいと話をしている光景は

見ていても とても微笑ましいです

年齢が違っていても これからずっと

この関係が続いて行ってくれることを願っていますよ

それから、今日はかわいらしい姉妹とお母さまの体験がありました

その様子は、また明日・・・

  味噌松風と松露

     京都のお土産 味噌松風と松露   




スポンサーサイト



* Category : 子供の茶道教室
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する